子育て

0.1.2歳向けの楽しい絵本【子供がケラケラ笑う】

ママ
ママ
子供に絵本を読むのが良いって聞くけど、子供ってどんな絵本が好きなんだろう…。
買ったのに内容がイマイチだったら…
どうやって選べば良いのかな…。

本記事では実際に子供に読んで食いついた、笑ってくれた絵本を紹介し、絵本の選び方も紹介します。
素晴らしい絵本がたくさんある中で、今回は私がみつけた個人的におすすめしたい絵本をご紹介します。

ちなみに私は毎晩母が読んでくれるまで寝ない絵本大好きっ子でした。
現在も、長女が生まれてからなるべくたくさんの絵本を読み、夜は必ず寝る前に2~4冊の読み聞かせをしています。
幼稚園教諭だった母の影響もあり、絵本と触れ合う機会は多かったかなと思います。

かくれんぼ

中がめくれる仕掛け絵本です。
文章がリズムよく読めるので、子供も聞いていて楽しいようで、
長女も長男も、めくってねずみさんが出てくるたびにキャッキャと笑ってくれます。
3歳の娘はまだ字が読めませんが、何度も聞いて覚えているので自分でも読んでいることがあります。
絵も可愛らしくておススメの1冊です。

おでかけばいばい

こちらの絵本は、長女が小さいときには知らず、息子が1歳になってから読みました。
「ぺっちょぱっちょ」や「ずんたどん」など聞いたことのない擬音が出てきて、絵もコミカルで大人も読んでいて楽しくなります。
息子は毎回大爆笑で大好きな1冊です。

ミッキーと いない いない ばあ!

みんな大好きミッキーの絵本です。
いないいないばぁ系の絵本は沢山あり、どれも子供たちは大好きです。
こちらの絵本もミッキーたちディズニーキャラクターが出てくるので、食つきは◎です。
1歳の息子も自分で出してきて「ばぁ!」と言いながら読むくらい気に入っています。

ころころパンダ

パンダがころころ転がっていくと…
優しいタッチで描かれたパンダがころころと転がったり、眠くてうとうとしてしまう可愛らしい絵本。
「ころころ」や「うとうとうと」と繰り返しの音がいくつか出てくるので、子供が覚えやすい絵本です。

おふろでちゃぷちゃぷ

「いないいないばぁ」で有名な松谷みよ子さんの絵本。
お風呂に入るまでの過程を短い言葉で表現しています。
あの子楽しそうだな、良いなと思う子供の心理が表現されている一冊です。

こちょこちょこちょ

題名の通り、こちょこちょします。
なので一緒に読み手も子供をこちょこちょします。
すると子供はページをめくるたびにこちょこちょ待ちでケタケタ笑います。
読むだけでなく、体で一緒に楽しめます!

まとめ

赤ちゃんがすきなのは「音」や、ママも一緒に楽しめるもの

「いないいないばあっ」や、「ぺっちょぱっちょ」「ころころ」「ちゃぷちゃぷ」
など勢いがあったり、不思議だったり、繰り返される音を赤ちゃんって嬉しそうに聞いたり
その音を真似することで言葉の練習が始まります。
もし選ぶのに迷ったら、音が楽しそうなものを選んでみてください。

それだけじゃ選べない!ってときは、
ママが好きな動物や食べ物やキャラクターが出てくるもの、
この絵が好き!ってジャケ買いだってありです!
ママが好きなものが出てくる絵本て自然と楽しく読めますよね。
ママが楽しそうなのが子供が1番喜んでくれます。

どれが知育に良いんだろう、言葉の発達に役立つのは、生活に結び付くもの…
と難しく考えず、絵本の世界を楽しむことが結果的に子供の想像力や言葉の発達につながります。

ママも子供と一緒に楽しめる絵本を見つけてもらえたら嬉しいです。

送料は?解約は?絵本ナビを徹底解説[無料試し読みサイト] 絵本て種類が多すぎて選ぶのが難しいですよね。 今回は自宅にいながら無料で絵本が試し読みができるサイト、絵本ナビについてご紹...